rulebook

写真を撮ったり、絵を描いたり、ガジェットを楽しむためのblog

The Insulated World - DIR EN GREY

とりあえず1周してみたので感想を。

f:id:okarinapppp:20180926104117j:plain生きる葛藤を描く1枚の作品でした

 

序盤の暴力的な自虐的な気持ちから

徐々に嘘でもいいから喜びを感じたい

でもそれは偽りで、その偽りを憎み

それでも生きていく

 

そんな流れに感じるラストのRanunculusは救いの歌になっているのでしょうか?

曲なんてノリとグルーブで歌詞なんてどうでも良いと思っている人間なので、激しい曲や展開などで楽しんでいましたが、Ranunculusの歌詞をおこしてみてとても今回のアルバムに興味をもちました。

ただ痛く悲しいだけではない

京が表現したい世界に接してみると、誰もが抱えている気持ちを過大に表して、直接的に押し出すから目を背けたく感じるんだと気が付きました。

 

Ranunculusもアルバムでは一節が異なっていますし、ぜひこの世界観を味わっていただきたい。

 

 

DIR EN GREY Ranunculus 歌詞 lyric

 

仕事終わりの午前3時に見て鳥肌が立ってしまった。

「こう、来たか」って

ARCHEから4年くらい経って、今のDIR EN GREYを表現するんだろうと心待ちにしていた。詩踏みのDIRらしい激しさと盛り上がり方も大好きだけど、Ranunculusは別格だわ。vinushkaを初めて聞いた快感と同じとは違うけど、高揚感がある。

 

最高の1曲だ。

 

-------------------------------------------------------

 

Ranunculus

嫌いな詩流れている

気にもしたことのない

詩が嘘の様に言葉を殺す

その時気が付く

私の心を

 

初めから気付かないフリで

自分自身を押さえ付けて生きてきたのは

上手く生きる為なんかじゃない

春よ、夢うつつ

 

人を失う怖さから

いつの間にか自分を

誰かの様に嘘で騙した

その時気が付く

私の心を

 

Ranunculus

 

初めから気付かないフリで

自分自身を押さえ付けて生きてきたのは

上手く生きる為なんかじゃない

春よ、夢うつつ

 

憎む為じゃないだろ?

誰かの為に今日も笑うの?

叫び生きろ 私は生きてる

 

Ranunculus

 

-------------------------------------------------------

 

f:id:okarinapppp:20180912032243j:plain

 

素人だから自由に当てるlut

日常をシネマチックに

f:id:okarinapppp:20180902122700j:image
とりあえずlutを当てて見た

今年の1月からvlogを始めて#4くらいからlutを当て始めました。ただ撮って編集して出すというスタイルよりも、日常をシネマ的な形で残したいという気持ちとlutを使うことがマッチしました。雰囲気がよくなるという素人丸出しな、でも当てることでプロッた気分になる最高の技術です。エレキで歪ませた時に出る音を聞いた時の感覚ですね。

ちなみにソフトはdavinci resolve 。よっちゃんのチャンネルでlutを当てることを知ったっけど、プレミアは廉価版しか持っておらず色々いじれて、pcスペックがあったのでdavinci resolve へ移行しました。

 

log撮影ではない

lutを当てるといってももっていたG7、今のG8ではlog撮影はできません。なのでコントラストの低いシネライクDをメインとしてlutを当てています。logのデータと違いlutを当てるとコントラストが高く出すぎるのに困りました。まずはlutを当ててサイド明るさを調整して色を出しています。非効率な手作業ですが、まぁ楽しんんでいるのでいいってことで。

まだlutを購入などしたことはないので、そのうちそういうのも使って見たいですね。

 

大切にしているのは人物の発色

lutを当てて調整をする時、何に気をつけているのか。どうすれば綺麗に出るのかと考えたことがあります。2018年のcp+に初参戦したときのセミナーで、空の色を出せるようにと聞いたのをキッカケにlutで色を出すことを意識し始めました。飛びすぎない露出設定を意識する。そんなこんなしてたらNDフィルターにたどりつきました。そしてレンズなのか違いで色が変わることも知りました。davinci resolve 上の設定は基本的に全てのパートに同じlut・設定にして個別にはしていません。なにかデバイスが変わる時に「見直す」そしてlutを当て直したりしています。一番変えなきゃいけなかったのは本体が変わった時です。

まぁここではタイトル通りlutの色をどう合わせるかなのですが。自分で絵を描く時にいつも大事にしていることをそのまま出して納得しています。それは肌色です。この表現がいけないとは知ってはいるけど、帰る言葉がありませんので、使わせてください。被写体に合わせた肌の色のノリを一番に考えて当てたlutを調整しています。いつも見ている子供達の肌感を出す。それで満足なのです。そうすればあとは外の色はついてきてくれます。

今のところlut当てないvlogはしないと思います。そのままの方が綺麗に出せるんでしょうけど、そんな画をみても自分がつまらなくてやめると思います。

淡く色深く自分好みを目指せればと思いつつ、自分の試行錯誤の限界もありますのでアドバイス等あればいただきたいでございます。

 

vlogはこちら

ru-vlo: https://www.youtube.com/channel/UC1p-7UcCD_3-DhnlnaxYWIw

 

ひらくPCバッグnanoとpeakdesign captureコンボ

これこそが最強の携帯性

f:id:okarinapppp:20180830143511j:image

 

ピークデザインの存在感

ピークデザインといえばアンカーリンクやストラップ、カメラバッグってイメージ。というかキャプチャーなんてストラップあればいいじゃんって感じで、必要性を感じていなかったのが本当のところ。

しかしvlogを続けると、アンカーリンクスを使っていてストラップは持ち歩かなくなっている。ストラップをつけて使用する頻度が下がりすぎて、旅行にいくとかしない限りストラップを使わなくなってしまったんです。でも手放したい瞬間があるじゃないですか。そうした時に、kabaさんがリュックにキャプチャーのパチモンつけて使っているのを見て閃きました。

 

これ欲しい、と。

 

キャプチャーの長所と短所

プレートはキャプチャーを買う前に飼っていたデュアルプレートがあったので本体だけ購入。値段も値段ですが、最近本物の方がコストよりもいいことが多いのでちゃんとピークデザインのものを選びました。うっきうきで相方の実家に帰る時に届いたばかりのキャプチャーをおもむろにショルダーのヒモにとりつけました。そしてカメラを装着。カチッっといい音で装着したときの遊びもなくいい感じにはまりました。そしてカメラを外付けするとすぐ取れる以外にも、バッグのスペースが空くという利点も。

f:id:okarinapppp:20180830162125j:image

ただ一つ装着時の安定性が困りました。カメラの重さにストラップの張りが耐えられず、ダラんとぶら下がり歩く振動で揺れまくって仕舞うのです。正直使い続けるのを躊躇するくらいでした。

キャプチャーをひらP nanoの側面に固定できればいいのですが、ピークデザイン純正バッグのようにはいきません。ストラップの幅にあった硬いプレートのような土台を検討したいくらいです。

 

支柱は揃っていた

そんなこんなで純正縛りでひらPのショルダーのヒモに、合うかはわからないけどpro padとりあえずつけてみようかと、ふと思って追加購入してみました。

f:id:okarinapppp:20180830161929j:image

アマゾンの写真で見た目からはわからなかったけどこれってパッドごとキャプチャーで挟み込む仕組みになってるので、ショルダーに合わせてもしっかり動かなくなってキャプチャーが固定されました。

そしてパッドをつけたキャプチャーは最強となりました。土台ができたことでこんなにも使いやすくなるかってくらいに、カメラの脱着・歩行時の安定性が増しました。カメラの重さはパッドが体にフィットしていい感じに。バッグ本体に寄せるとカメラも少し密着して安定感がまします。

f:id:okarinapppp:20180830162106j:image

これはキャプチャーとセット売りしないといけないヤツです。機動力があがりひらPも使えてカメラの持ち出しが楽しくなりました。

 

楽しさと伸び悩ましさと葛藤するvloger

自己満足のvlogだからこそ、作れればいいから数字が気になる性

 

f:id:okarinapppp:20180829100102j:image

 

綺麗にとれば見てもらえる

世に出せば評価される。その点、数字が絶対で分かりやすく求めやすい

どうしたらもう少し解像度があがるか。そんなことばかりを考えていた桜のころ。暗闇でもとれるm4/3なんて求めすぎなのも、目に見えないままがむしゃらに撮る。でも違うんだなー綺麗ではなくて、みてておもしいろいが大切なんだ。

でもvlogでわざとやるのは違うしなー難しい

 

手ブレがなければ見てもらえる

g7だとボディー内手ぶれ補正がないから歩き撮りはできない。ジンバルがないと映像が汚い。デバイスに依存すれば解決すると思ってたころはまだまだ。今もまだまだだけど、どうやってvlogを撮るかなんだと思います。いや正解にたどり着いてないので、思いますで。

 

自分を写して喋らなければだめか

自撮りができない制限をどうやって乗り切るのか。いや考えがおかしい。自撮りはできないけどvlogできてるからいいかって考える。

でもそうするとベクトルが内に向きすぎる。見せたい自分と残したい自分は別であって、後者ではうまくいかないんだよなー。

結局、数字が欲しいだけなのか、vlogが続けたいのか葛藤の日々である

 

ってなんか鬱々としたblogになってしまった😛

なんでYouTubeをはじめたの?

f:id:okarinapppp:20180826093649j:image

ru-vloをどうぞよろしく

youtube:https://www.youtube.com/channel/UC1p-7UcCD_3-DhnlnaxYWIw

 

blogが飽きた、からのYouTubeできるようになったへ

なんだかんだ続けたblogも飽きてしまった

blogは一年間くらい続けたけど、ひたすら紹介し続けるのに疲れてしまった

買ったものをあげ続けるのにはモチベーションが持ちませんでした。そしてなによりYouTubeしたい熱の方が強かったからカメラをレンズをと色々考えるうちにblogが続かなかった。

 

新しいPCを買えた

転機は間違いなく1月のPC購入。dellのcorei9 6コアな1050tiのあいつを手に入れたら世界が変わってしまった。といってもgpuは実は#4くらい作るまで使ってなかったんだけどね。

それでもコアがあれば4kなんか簡単に動かせるわけですよ。てか前のPCが七年前のvaioってのもあってパワーアップしすぎましたが。

水を得ればやれることが増えるわけです

 

編集に耐えて音楽を作れるようになった

あと問題だったのは音楽でした。フリーの音源ってなんだか扱いづらいイメージがあったので。著作権とかリンク貼ったりとか。そこにbackspace fmで松尾さんがやってドリキンさんが覚えてYouTube liveでやったガレバンの曲作りを真似したらできちゃったんです。

それからは毎日のように通勤時間は曲作りしてました。曲ができるとそれに合わせて動画を撮ってって感じで。

まずは子供とのvlogを。ここからvlog生活が始まりました。

 

rule vlog#0001 -tama zoo-2018Jan. - YouTube

blogerが浮気してyoutubeへベクトルが向いてvlogerになってハヤ9ヶ月

f:id:okarinapppp:20180825151846j:image

pcを買い換えたら世界が変わった

スペックが変われば、やれることが増える。そんなに単純なことだった。ドリキンさんを知りグルドンに入ったら欲しい知識が降ってきた。そしたら毎日カメラを持ち歩く人間になってしまったのだ。

そんなグルドンに出会ったら、気づいたらiphoneで毎日音楽を作ってた。ガレバンを使えば簡単にオリジナル曲を作れる。

あとは動画を撮るだけ。あっという間に自分のyoutubeチャンネルが立った。

rule vlog 略してru-vlo

https://www.youtube.com/channel/UC1p-7UcCD_3-DhnlnaxYWIw

ぜひチャンネル登録を。

 

blogからvlog

編集が大変なんだけど、憧れたアリさんや瀬戸さんの世界に自分の生活を映像を世界へ投げることができるのは楽しくてしょうがなかった

 

davinci resolveがなけれが続かなかった。どうやったら自分の見える世界を映画みたいにするか。それはvideo channelが希望を見せてくれた。lutをしったのもこれから。ダビンチだとlutが当てたられる。#4くらいからカラコレしたvlogを作れるようになってかれこれ#95。あと少しだ。

 

まぁいまここで何が書きたいかといえば、このblogのpvが未だに自分のyoutubeよりある事実に驚いたから。どんぐりの背比べだけどなんかblogの方が見られてるのって不思議と。

ネタではないけど、iphoneでメモしていることをblogにすれば、自分も見るじゃんと思ったから。

 

また気分でblogやってみます。絵も描きたいな。ちゃんと十五年前くらいから使ってるインテュオス使って描いてるからw

 

とりあえず最近お気に入りのピークデザインを晒しておきます。